上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ついでの旅行Part1 ~2014年夏休み 南木曽編~

こんにちは。わさしち母です。。。

随分ご無沙汰しております。
なんだかんだ言い訳つけてブログ辞めたんだろぅ~なんて思ってらっしゃるそこのアナタ!!(*゜∀゜)=3!!

辞めてなんかいないのぉ・・・
サボってただけなのぉ・・・
ブログの更新の仕方も忘れちゃって、あれやこれやモタモタっ。。。

でも勇気を出して久々更新してしまいます!

※はたして読者がいるのだろうか・・・Σ(゚д゚lll)

゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::

【9月10日】

いつもは8月中に夏休みを満喫する我が家ですが、今年は9月6日~14日までと長いお休み。
どこに行くことも決めておらず、Fetchでお友達と立ち話したときに聞いた場所・・・
「ここすごい行ってみたいんですよ~♪」
と見せてもらった場所に一目ぼれしたアタクシ❤

今年は絶対にここに行く!

と行先の天気予報を2週間前から毎日チェックし、
出発2日前に決めて向かった先は南木曽・・・
阿寺渓谷という東京では耳慣れない渓谷まで行ってまいりました。
ん?アタクシだけかな?耳慣れないのは?

ワサビさんも車に乗ればノリノリヾ(´^ω^)ノ♪
sP1060635.png

場所は長野県ですが、岐阜にあとちょっとという県境にあるようなところ。
阿寺渓谷の地図をちょっくら拝借。
渓谷の入り口からキャンプ場まで行ってみました。
aterakeikokumap.jpg

キャンプ場の入り口からアタクシでは運転不可能な道をどんどん進んでいくと・・・
おっ見えてきた!!
sP1060647.jpg

じゃーん!
これ沖縄の海じゃないよ!川ですよ!!
限りなく透明に近いブルーの川。
sP1060643.jpg

車では終点なのかな?キャンプ場からすぐの川原。
sP1060661.jpg

水がキレイだから川底の石までくっきり。
sP1060666.jpg

こんな遠くまで来たんだもの。泳がず帰るわけに行かないでしょ~!!
完全防備をしていざ川へ!
お約束通り嫌がるワサビさん。
sP1060652.png

ずんずん進むわけでなく・・・
sP1060653.jpg

入って早々休憩・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
sP1060657.png

頑張ってここまでは入りましたけどね。流れが速いので、泳ぐというより水遊びになっちゃいますね。
sP1060658.jpg

キャンプ場内には『美顔水』という女性には大喜びの湧水が。
無駄と思いつつもガンガン洗顔しちゃいましたけどね。お水もおいしかったですよ。
sP1060673.jpg
sP1060671.jpg

キャンプ場は平日&シーズンオフだったせいか、誰もおらず。
写真は撮り忘れましたが、なかなか設備が整ったキャンプ場でした。
奥まで進んだので、今度は戻りつつ、犬帰りの淵へ。
sDSC_1816.jpg

犬帰りの淵という名前の由来は・・・
「里に住む猟師たちは、しばしば犬を連れてこの谷にわけ入り猟をした。
しかし、この渕まで来ると険しい断崖絶壁のため犬は恐れて、渡る事が出来ず、
仕方なく引き返したと語り継がれることから、この名が生まれたといわれる。」
これ橋の上からの撮影。しかも携帯での撮影でこの透明度ですよ~♪
sDSC_1813.jpg

こちらの渓谷、川岸というものがほとんどない状態。
それでも色々探していたら子供達でも遊べそうな淵を発見。
sP1060638.jpg

階段上り下りが苦手な七味さん。
sP1060646.png
sP1060644.png
sP1060645.png

ここでも完全防備で川遊び。
sP1060690.jpg

お友達のフリスビーも旅のお供に。
sP1060692.jpg

やっぱりプールの方がいいみたい。こんなにきれいな水でもノリが悪いんですよ・・・
sP1060705.png

ワサビさんは慎重です。
sP1060695.png

確かに水が冷たかった。ずっと入っていると足も手もかじかみます。
真夏でもずっとは水の中にいられないとか。
sP1060697.png

今度は真夏の暑い日に来て、この淵で飛び込みたい!!と話していたわさしち父。
同感したわさしち母。
だって水の中もこんなにきれいなんですよ~♪
ホントは飛び込む気マンマンだったんだもん(;´д`)=3トホホ・・
※念のため水中カメラも持って行った。
sP9100019.jpg
sP9100012.jpg
sP9100023.jpg

車道もところどころ対向車が避けられるよう道が広くなってますが、対向車が来たら・・・((( ;゚Д゚))
アタクシの運転じゃ川に落ちるしかないかも(汗)

来年こそここで飛び込む!リベンジを誓い美しい渓谷を後に向かったのは、妻籠宿。
中山道42番目の宿場へ。
よくテレビで見かける宿場町ですが、こんな近くにあると思わず、ついでに寄り道。
sP1060711.jpg

もっとゆっくり見たいわさしち父。子供達をまかせてアタクシはカメラパシャパシャ。
sP1060717.png

外国の方が多かった。日本の原風景だもんね。感動するのかな?
sP1060716.jpg

立派なへちま?
sP1060714.jpg

街並みがしっかり保存されていました。妻籠宿の詳細についてはこちらもどうぞ。【妻籠宿 町並みの保存について】
sP1060724.jpg

日差しもあったので、頭からお水をあびる七味さん。
sP1060720.jpg

タイムスリップしたみたい。でもフランス人もどきと洋犬2頭(笑)町並みにミスマッチなような気も・・・
sP1060728.jpg
sP1060732.jpg

゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::

写真が多いので、(なるべく早めに)次回へ続きます。
スポンサーサイト

4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。